ギャンブル依存症に共通するビギナーズラックの恐怖

最近では、ギャンブル依存症の人が増えていると言われています。明らかになる病の実態についてですが、ギャンブル依存症に共通するビギナーズラックの恐怖は本当に危険です。
ギャンブル依存症の脳は具体的にどのように変化してしまうのでしょうか。ギャンブルで勝った経験が、強烈に脳の記憶に刻印されてしまいます。そのために、繰り返しその刺激を求めてしまうのです。ギャンブルで勝った時の体験がイメージされtえ、それが欲求になってしまうと、結果として、他の娯楽やゲームでの快感をいうものがあまり感じられなくなってしまい、特異的に反応するような脳の機能変化が起きてしまうのです。
実際に依存症になる人の8割は、平凡なサラリーマン、公務員、主婦、大学生、年金生活者です。ギャンブルの問題が始まるまではふるうに生活をしている人たちで、2割が少しうつのようか方となっています。ほとんどの人は、ギャンブルの問題が始まる前は、平凡な主婦であったり、サラリーマンなのです。実際に、依存症になってしまうとパチンコやスロットをやり、家のお金では足りず、借金などを作ってしまう傾向にあります。
実際に、最初は、家族の中だけで何とか解決したいと考えて、本人と話をしたりして、再出発させたいという気持ちになります。借金も早く返して、二度としないようにと肩代わりするなどということもありますよね。ギャンブルをする本人もそこは反省するのですが、ギャンブルに反応しやすくなっている、脳の体質を変えることはできないのです。
なんかのきっかけがあればまたギャンブルにはしってしまい、家族が逆に疲れ切ってしまい本当に家族でも精神的な悩みを抱えたり、パニック障害となったり、病気となってしまうこともあります。実際に家族が崩壊することもあります。
実際に、ギャンブルにはまってしまうと楽しいと感じますので、抜けだすことは難しいと言えます。家族の場合には、なぜその道に走ってしまったのか理解することも大切になってきます。
一人で悩んでいる状態の場合には、どうしても逃げ道を探してしまう傾向にあります。最近では、ギャンブル治療を行っている病院やクリニックなどがありますので、相談する事が大切になってきます。